クレド

クレドは、東風会グループのチームメンバーの信条です。
この価値観は、業務の目的や優先順位の基本となり、私たちの行動によって表現されます。

「もっと元気のでる歯科医院!」
私たち医療法人東風会はひとりひとりの最適な健康「オプティマルヘルス」の実現をめざし
そこに集まる人が元気になる「健康づくりの場」を提供していきます。
基本的な理念は「人々を健康にすること」です。
ゴールデンルールは「自分がしてほしいことをする」です。
人間的で心のこもったコミュニケーションを大事にし、
来院者もスタッフも地域も共にHappyになれる空間作りをめざしています。

1.ミッション

私たちは、最高のキュア、ケア、コミュニケーションを通して、
来院者のオプティマルヘルス(最適の健康)の実現のため、健康づくりの場を作っていきます。
健康な人をより健康にし、笑顔と感謝にあふれた空間を作っていきます。

2.ゴールデンルール

「自分がしてほしいことを来院者にする」
私たちは自分が来院者であったらどうのように接してほしいか、どのような治療を施してほしいかを行動の基準とします。
これが東風会の唯一のルールです。私たちは自分の家族、友人、大切な人が来て欲しいと思えるような医院を作っていきます。

3.決意

私たちは、少数精鋭の選ばれたメンバーです。
高度な治療技術、最高のケアと心温まるサービスを提供することを決意します。
私たちは言葉使い、立ち振る舞い、顔の表情を含め来院者から憧れられる人間です。
院長は、常にチームメンバーが最高レベルの接客サービスとサポートを行う能力が得られるよう、定期的な学習の機会を提供します。

4.ライフワーク

チームメンバーは一生涯を通じてお付き合いしていく大切な仲間であり家族です。
共に仕事を通じて、人間性の向上と人生の喜び、生きがいを学びます。
来院者は、一生涯を通じて長くお付き合いしていく大切な友人です。
いつも笑顔で優しく明るい声をかけあうことで、周りが明るくなり、お互いが幸せになることを学びます。

5.人間関係

私たちは、人柄のよい人を評価します。
人柄のよいとは次のような人です。
大きな声で挨拶・返事ができる人、ため息をつかない人、否定的な口癖を言わない人、
裏表のない人、与えられることではなく与えることの喜びを感じる人、人格批判を行わない人、
不満・怒りの感情を周りに振りまかない人、ありがとうと頻繁に言える人、自分の非を認めて素直に謝れる人、
プラス発想で明るく物事を考えられる人のことです。

6.価値観

私たちは来院者とのコミュニケーションによって健康の価値観の差を埋めていき、
来院者の新しい健康感に基づいた健康づくりを支援していきます。
私たちはただ単に病気でないというだけでなく、生命・生活・人生といった生き方そのものをコントロールしていくプロセスとして健康を捉え、
人間生活全体を包括的に見ていきます。

7.業務改善

「ピンチはチャンス」私たちは、問題が起こったときに喜びます。なぜなら問題を解決すつことがもっとも私たちを成長させるからです。
問題が起きたら、必ず報告し、そしてスピーディーに問題を解決します。
特にクレームはすばらしいギフトです。
私たちは成長のチャンスに感謝します。

8.リーダーシップ

私たちは自分で決断できる能力(リーダーシップ)をもちます。
自分たちの医院にとって、来院者にとってよいと思われることは自らすすんで取り組み、それを実行します。
また医院を良くする提案等がある場合は、積極的にミーティングで発表します。

9.役割分担とサポート

自分の仕事の範囲と責任を自覚し、目的達成のためにはいつでもその範囲を超えるリーダーシップを発揮します。
チームワークと効率を考え、来院者が何人かのメンバーが接するときには、そのバトンを確実にそして効果的に渡します。
他のメンバーが困っている時、不在のときはその範囲を超え、進んですばやくサポートします。

10.チームワーク

人の嫌な面が見えたとき、それは同時に自分の嫌な面を同時に教えてくれるサインなのです。
この機会にもう一度自分を見つめなおし、人を許すことをそこから学びます。
意見の食い違いや感情的な行き違いがある場合には直接、本人に素直に伝えるのが成熟した大人の行動です。
その際、私たちは、円滑なチームを運営していくため、言葉使いにも気をつけます。あらゆる面でチームメンバーの良い点を見つけ、ねぎらうようにします。

11.健康

私たちは、それぞれひとりの身体ではありません。
体調を崩すと、医院に対する自分の信用度が低下するばかりでなく、業務の遅延、来院者や、チームメンバーの時間を無駄にします。
心身の健康管理に十分留意し、体調不良や過度のストレスは、早めに上司に報告しましょう。

12.仕事と収入

私たちの唯一の収入源は来院者です。この単純な事実が、私たちの収入を決めている事を理解します。
私たちは、常に一歩前の仕事をすることを目指します。
収入が増えることで、来院者に最新、最良の機械、材料を使うことができ、より快適で最良の治療ができます。
収入があるからこそ、私たちは最新治療の研修ができ、チームメンバーにもそれに相当する報酬を得ることができます。

13.解決思考

「できない」「わからない」ことは問題ではありません。
大事なことは「だからどうする?」「どうしたらわかる?」と解決する方法を考えることです。
解決できない課題は現れません。ひとつかだいをクリアするごとに上のステージに上がっていきます。
自分のレベルが上がっていくと過去に問題と思えたことは問題ではなくなります。

14.ホウレンソウ

私たちは相談し、きちんと報告します。
報告、連絡、相談。特にクレームについては自分で判断せず、必ず上司に報告します。
私たちはチームで仕事をしています。問題を自分で抱え込まないようにしましょう。
院長は、毎月相談できる時間帯をつくり、それを事前に告知します。

15.魔法の言葉

共感することにより、言葉は強力な癒しのパワーをもちます。
大変でしたね、苦労しましたね、心配ないですよ、よかったですね、大丈夫ですよ、安心してください等。
人生を最高にする魔法の言葉を使います。
魔法の言葉は、相手だけではなく、自分も含め周りの人も幸せにします。

16.4S

私たちは4S(整理・整頓・清掃・清潔)を重視します。
毎日、身の回りを整理・整頓・清潔にします。そうすることでまず心が綺麗になります。
またトラブルの発生を防ぎ、時間・材料のムダを省けます。
整然とした清潔な職場は仕事へのやる気を高め、来院者の信頼を深めます。

17.時間

私たちは時間を守ります。
遅刻する際には院長に直接連絡します。
朝遅れると気分が悪いです。
悪い気分で一日を始める人と、いい気分で一日を始める人がいます。私たちはいい気分を選択します。
スタッフが少ないときは忙しいことがわかっています。
この時間に休むことは、大変な迷惑を他のメンバーおよび来院者にかけることになります。

18.間をつなぐもの

私たちと来院者の間をつなぐものは次の3つです。
・やさしい目
・やさしい手
・やさしい言葉
私たちのやさしい目がまず来院者を受け入れ、やさしい手が信頼感を与え、やさしい言葉が全人的に受け入れられている安心感をもたらします。
私たちはどんな時でもこの来院者と私たちをつなぐ3つのものを大事にしていきます。

19.変化

私たちは、変化を楽しみます。
変化を楽しめる人は、自己成長モデルといって、成功する人の第一番目の特徴です。
変化を怖がらず変化を受け入れ、常に楽しみながら人間性の向上をめざします。
そしてグループ全体として常に変化し、絶えず進化を続けていきます。


このクレドを自分のものとして受け入れられない場合、院長に相談します。
院長はメンバーの要望に対して、誠実に耳を傾け、そしてベストな選択に向けて一緒に考えます。
ただし、このクレドに対する妥協は決してしません。

このページの先頭へ